山根明前会長、どう喝問題を完全否定「一切してません。証拠を出したらいい」

2018年12月19日14時16分  スポーツ報知
  • 山根明氏

 19日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・後11時55分)が、8月に辞任した山根明前会長(79)を直撃取材した模様を報じた。

 日本ボクシング連盟は16日に前会長の山根氏を除名処分とする提案を承認。山根氏は番組の電話取材に「アホしか思いません。日本連盟の会長を辞任し、関西連盟から全部辞任しとるんです。一般市民にそのように除名処分することは、ヤラセでいかにも今の連盟は怖いよ」と語った

 また、除名処分の原因となったどう喝問題については「どう喝なんて一切してません。それだけのシナリオを作る悪い連中ですよ。会長でも何でもありませんから『事務所を閉めるな』とか一切言ったことはありません。どう喝してるんやったら証拠を出したらいいんです。僕自身が電話すること自体がプライドが傷つくんです」と完全否定した。

 日本連盟の菊池浩吉副会長は、山根会長の発言を受け「(どう喝の音声を)録っていたんですけども、長く録音を残したために消滅してしまった。非常に証拠となるデータだったんですけど」とコメントした。

芸能
注目トピック