指原莉乃、NGT48山口真帆の暴行事件に「声の大きいわたしが言ってみました」…「ワイドナショー」でコメントか

2019年1月11日8時15分  スポーツ報知
  • 指原莉乃

 今年4月での卒業を発表したHKT48・指原莉乃(26)が11日、自身のツイッターを更新。昨年12月に男性ファン2人から自宅に押しかけられたNGT48の山口真帆(23)が事件発覚しAKBグループが激震に見舞われている。

 指原は具体的な言及はなかったが「きっと強く言いたいメンバーも多いです。でも言いたいことも言えないと思うので、声の大きいわたしが言ってみました」とした上で「ワイドナショー出演しますが、こうなる前から事前に出演は決まっていたことだけご報告しておきます」とフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で何らかのコメントを出すことを示唆した。

 その上で「ファンの皆様のざわつきが1日でも早く解消しますように。おやすみなさい」と願っていた。

 山口は事件発覚から一夜明けた10日、新潟市内でグループの3周年記念公演に出演した。山口は今後もNGTでの活動を続けることを明らかにしている。

 イベント途中に登場した山口は、柏木由紀(27)と一緒に「てもでもの涙」を熱唱。その後ファンに対し「この度はたくさんお騒がせして、誠に申し訳ありませんでした」と謝罪。事件を明らかにしたツイッターは既に削除されているが「私にも守りたいものがあり、このような形での発信になりました。お世話になった方にもご迷惑をかけて申し訳ないと思っています」と頭を下げた。

 山口は昨年12月8日、自宅マンションの玄関先で、男性ファン2人に顔をつかまれるなどした。現行犯逮捕されたが、不起訴処分となり釈放されていた。

芸能
注目トピック