木村拓哉、ワチャワチャやっていた平成は「短かったけど、濃かった」(1)

2019年1月12日14時0分  スポーツ報知
  •  

 2019年の連載「J」の第1弾を飾るのは、俳優の木村拓哉(46)。18日に主演映画「マスカレード・ホテル」(鈴木雅之監督)が公開される。東野圭吾氏の同名小説を原作に、ホテルで潜入捜査を行う初の刑事役に挑んだ。17年「無限の住人」(三池崇史監督)、18年「検察側の罪人」(原田眞人監督)に続き、3年連続で主演映画が公開されるのは自身初。間もなく終わりを迎えようとしている「平成」という時代についても語った。(畑中 祐司)

 昨年末に行われた完成披露試写会には、木村を始め、初共演となった長澤まさみ(31)ら17人が豪華に壇上を彩った。代表シリーズ「HERO」の鈴木監督や松たか子(41)、小日向文世(64)らの姿もあった。

 「一本の映画に、あれだけたくさんの方が出てくださっている作品というのは、自分の中でもあまりない。鈴木監督も『ロングバケーション』(1996年)から、ずっといろいろな作品で時間を共有した方。会った、その瞬間から腹を割って何でも言えるような。現場もそういう現場でしたね」

 自身も愛読していた原作は、東野氏が執筆途中から木村をイメージして書いたという小説だった。

 「全て撮り終わった後、打ち上げで、東野さんご本人の口から、それを伺った。このタイミング?って思ったんですけど、まあでも、すごくうれしかったです」

 原作はシリーズ累計310万部を誇るベストセラー小説だ。

 「読んで面白いものを具現化させるって、ハードルが割と高めになるというか。原作で完成しているので。それをもう一度、要は自分たちの体を使って、ゼロからやり直すということ自体、勇気がいることでした」

 演じるのは、フロントクラークとしてホテルに潜入し、連続殺人事件の真相へと迫る警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介。刑事でありながら、ホテルマンでもある。

 「長澤さん始め(映画の舞台)コルテシア東京のスタッフ役の方たちはしっかり研修を受けられた上での撮影。自分は一切(研修の)声がかかっていない状態でクランクインしたから、それこそ一歩ずつ近付いていくという。新田としては全然それで大正解なんですけど、監督からは『今のだと、ちょっとホテルマン過ぎるかな』とか、そういうのは何度かありましたね」

ジャニーズ
芸能
注目トピック