松山ケンイチ、寺尾聰がV6岡田准一主演の連ドラ「白い巨塔」に出演

2019年1月29日6時3分  スポーツ報知
  • ドラマ「白い巨塔」で医師を演じる(左から)松山ケンイチ、岡田准一、寺尾聰

 V6の岡田准一(38)主演で今年放送されるテレビ朝日開局60周年の同局系5夜連続ドラマ「白い巨塔」に松山ケンイチ(33)、寺尾聰(71)が出演することが28日、分かった。

 山崎豊子氏の原作で知られる名作。松山は、主人公の財前五郎と同じ浪速大学医学部准教授としてしのぎを削る里見脩二、寺尾は財前の師である教授・東貞蔵を演じる。

 初の医師役となる松山は「岡田さんはパワフルな演技をされる方。岡田さんがこうくるなら、僕もこうしよう、と組み立てた」と振り返っている。

芸能
注目トピック