フィフィ、千葉小4女児虐待死巡る報道に不快感「殺された女児の写真は出さないで欲しかった」

2019年1月30日11時24分  スポーツ報知
  • フィフィ

 タレント・フィフィ(42)が30日までに自身のツイッターを更新。千葉県野田市立小4年の女児が自宅浴室で死亡し、父親が傷害容疑で逮捕された事件を巡る報道について私見をつづった。

 フィフィは28日の更新で「10歳女児が父親に殺害されたニュースで、詳細が明らかになる度ネット記事が上がるが、私が知りたいのはこの父親が実父なのかということ」とツイート。「別に再婚をどうこう問うつもりはない。ここまでの鬼畜の所業を実の娘にできるものなのか、私はいち親として知りたい。そこに触れないのもまた配慮なのだろうか」と疑問をつづった。

 さらに連続ツイートで「この鬼畜男の顔は出すにしても、殺された女児の写真は出さないで欲しかった」と苦言。「そんなところに興味なんてない。いつも思うが被害者の尊厳までもが蔑ろにされているようで、さらに胸が押しつぶされる」と不快感をあらわにした。

 フィフィのツイッターにはフォロワーから「胸が押し潰される思い、同感です」「これも、『感動ポルノ』の一種としか言い様が無いですね」「なんで被害者ばかり晒される」など共感の声が集まっている。

芸能
注目トピック