藤原紀香、太夫姿に「とっても幸せ」

2019年2月1日16時43分  スポーツ報知
  • 太夫姿で取材に応じた藤原紀香

 女優の藤原紀香(47)が1日、東京・新橋演舞場で「二月競春名作喜劇公演」(2~23日)の公開舞台げいこを行った。

 新派の130周年と松竹新喜劇の70周年を記念した公演で、紀香は新派の名作戯曲「太夫(こったい)さん」を原題とした「華の太夫(こったい)道中」に出演する。劇中で演じる太夫姿で取材に応じ「本当にうれしくて、いい作品にめぐりあえた。明日から初日ですがすごくドキドキ。とっても幸せです」と夢心地。嵐の活動休止について聞かれると、小さな声で「素晴らしいグループ、未来に向かって頑張って欲しい」。水谷八重子(79)、波乃久里子(73)らの重鎮に気を遣い、公演以外のことを話ずらそうな雰囲気を察した渋谷天外(64)は「新喜劇は来年で解散しますから!」と冗談でフォローし、場を和ませようとしていた。

芸能
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ