勝間和代さんがバラエティー“卒業”「うまく価値が出せなくなっていった気がした」

2019年2月18日22時9分  スポーツ報知
  • 勝間和代さん

 経済評論家の勝間和代さん(50)が18日に“バラエティー卒業”を宣言。この日放送されたTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)でバラエティー番組最後の出演を果たした。

 勝間さんは18日の昼ごろ、自身のツイッターで「自分が尺(時間)や内容をコントロールできないので、バラエティ番組出るのやめることにしたので、今日の夜が当面の間、バラエティ番組で動く姿見せるの最後になると思います」と発表。その後、月曜レギュラーを務める「バラいろダンディ」に出演した。

 番組の冒頭に、MCの蝶野正洋(55)からこの日が最後と紹介されたあとは、いつもと変わらずコメンテーターとして番組をこなした勝間さん。番組の終わりに振られると、「1週間に1回ここでリズムができていてとてもよかったんですけど、だんだん、だんだん、自分がうまく価値が出せなくなっていった気がしたのが残念でしたね」とコメントした。

芸能
注目トピック