「ワタナベお笑いNo.1決定戦」はハナコが連覇

2019年2月19日6時3分  スポーツ報知
  • 「ワタナベお笑いNo.1決定戦」で2連覇を達成したハナコの(左から)菊田竜大、秋山寛貴、岡部大

 大手芸能プロ「ワタナベエンターテインメント」所属の芸人113組209人が頂点を目指して対決する「ワタナベお笑いNo.1決定戦」の決勝戦が18日、都内で行われ、お笑いトリオ・ハナコが2連覇を果たした。

 最終決戦でハライチ、Aマッソを破り、優勝賞金300万円を手にすると、秋山寛貴(27)は「ありなんですね? ありがとうございます」と喜びを爆発させた。「クオリティーが落ちたと言われたくなかった。夢中だった」と興奮気味。岡部大(29)も「(昨年)優勝して『ネタが弱くなった』と言われるのは嫌だった」と話した。

 電車で旅立つ友達を見送るコントでブロック決勝を突破。最終決戦は得意とする暗転を使い、博士と弟子によるタイムワープのコントで爆笑の連発だった。

 昨年、目標の「キングオブコント2018」に優勝。バイトとの掛け持ち生活もなくなった。秋山は「ハイペースで賞金が入ってきて…。お客様が喜べるようなものに還元したい」と約束。連覇の期待がかかるが「突き進むしかない!」と前を向いた。同決定戦は4回目の開催で、これまで笑撃戦隊(16年)、ロッチ(17年)が優勝している。

芸能
注目トピック