ピエール瀧容疑者出演で差し替えの番組にコカイン過剰摂取で死亡俳優が出演…ネットざわつく

2019年3月15日15時14分  スポーツ報知
  • ピエール瀧容疑者

 NHKは、麻薬取締法違反の疑いで12日に関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された俳優でテクノユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧容疑者こと瀧正則容疑者(51)の出演作の差し替え対応を行っている。その中で、23日午後1時半から放送予定だった「ALWAYS 三丁目の夕日’64」が「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」に差し替えられたことについて、ネットがざわついている。

 理由は「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」には、コカインとヘロインを過剰摂取したことが原因で1993年に薬物中毒死した米俳優リヴァー・フェニックスが出演しているからだ。

 コカインで逮捕された俳優の差し替え放送として、コカインで中毒死した俳優の出演作が放送されることについて、ネット上では「それはいいのだろうか」「ピエール瀧は駄目でリヴァー・フェニックスはOKなのか」「何かのメッセージなのか」などと疑問を呈する書き込みがされている。

芸能
注目トピック