•  若手の落語家、講談師11名からなるユニット「成金」の正体に迫る連載。読み応えたっぷりのインタビュー記事を随時更新していきます。ご期待ください。

【成金の正体】歌丸さんにかわいがられた柳亭小痴楽、追いかける亡き父親の存在

しぶらくで口演する柳亭小痴楽(カメラ・越川 亘)

10月9日 16:00

 高座に上がると寄席がパッと華やいだ雰囲気になる。柳亭小痴楽(29)は、落語の世界の若旦那がそのままま抜け出たような色気もある。歯切れの良い口跡でグングン噺に引き込む古典落語の使い手でだ。「成金」メンバーで香盤(協会内での序列)は一番上ながらも最年少。16歳で入門したため、一回り以上も年上の後輩もいる。  続きを読む…

成金の正体
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ