兄弟漫才「ミキ」の兄・昴生が結婚! お相手の年上ネイリストはコンビの“産みの親”

2018年6月8日5時0分  スポーツ報知
  • 手描きの妻の似顔絵を手にするミキの昴生(右)と、弟の亜生

 兄弟漫才コンビ「ミキ」の兄・昴生(こうせい、32)が7日、大阪・なんばの吉本興業本社で会見し、年上の30代の一般女性と結婚したことを発表した。今月1日、大阪市内の区役所に婚姻届を提出した。挙式・披露宴は今後、親族のみで行う予定。

 弟の亜生(29)とともに会見場に現れた昴生は「金びょうぶの前で、すみません、大層に」と恐縮気味。お相手は、たびたび恋人と公言していたネイリストの「まみちゃん」で、居酒屋の常連客同士で知り合い、9年の交際を実らせた。明るい性格で、タレント・重盛さと美(29)に似ているといい、昴生が描いた似顔絵には、多数のほくろがあった。

 約5年前に一度別れたが、半年後に復縁。2年前から結婚を意識していたといい「昨年はM―1グランプリでいいところ(3位)まで行って、今年は全国ツアー。そろそろ家庭を持ってもいいかなと思った」。今春、ディズニーシーでのデートで「結婚しよか」とプロポーズしたという。

 新婦は「ミキ」の“産みの親”でもあった。昴生が別のコンビで活動し、芽が出ていなかった頃は、亜生とともに3人で暮らしていたが、兄弟ならではの呼吸を見抜き「コンビ組め。2人やったら絶対大丈夫」と助言されたという。2012年に兄弟コンビを結成し、売れ出した今は「そうなると思っていた。(将来像が)見えていた」と話しているという。

 結婚指輪購入も新婦任せだった昴生は「母親のような人。何から何までやってくれる、面倒見のいい奥さんです」と年上の女房に全幅の信頼を置き「力強いパートナーが増え、これからは三人四脚で頑張りたい。子供も欲しい」と話した。一方、亜生は結婚の予定については「僕はまだちょっと遊ばせていだきたい」と笑顔で言い切った。

結婚・熱愛
今日のスポーツ報知(東京版)