大仁田厚氏がアイドル女子プロレス団体のプロデューサーに就任

2018年7月16日20時28分  スポーツ報知
  • リングに登場し中野たむ(左)をプロデュースすることを発表した大仁田(中央。右はラッキー池田)

 昨年10月に7年ぶり7度目の引退試合を行った元参院議員の大仁田厚氏(60)が16日、女子プロレス団体「スターダム」の後楽園ホール大会のリングに登場し、元アイドルでスターダム所属レスラーの中野たむ(年齢非公表)が12月2日に東京・新木場1stRINGで旗揚げする「スターダム★アイドルズ」のプロデューサーに就任することを発表した。

 大仁田氏は「ボクは日本で初めて男子の団体に女子部をつくって、工藤めぐみというアイドルレスラーを育てました。ここでもそういう選手を育てたい」とあいさつした。「スターダム★アイドルズ」はプロレスとアイドルを融合した興行を目指すという。

 たむはスターダムに籍を残したまま、GMに就任。スターダム社長のロッシー小川氏が総合プロデューサーに、大仁田氏はプロレス部門のプロデューサーを務める。音楽の振付は振付師のラッキー池田が、楽曲はヒャダインが担当。メンバーは今後オーディションを行い、現役のアイドル、グラビアアイドルにも門戸を開放する。ファーストCDは11月23日にリリース予定で、同日のスターダム・後楽園大会でお披露目される予定。

格闘技
注目トピック