飯伏幸太、ジュース下しG1開幕2連勝「今年は結果を残しますから」

2018年7月20日7時3分  スポーツ報知
  • G1開幕2連勝を飾った飯伏幸太

 ◆新日本プロレス「G1クライマックス28」大会(19日、東京・後楽園ホール) ▽G1クライマックス28・Aブロック公式戦30分1本勝負 〇飯伏幸太=勝ち点4(13分03秒 カミゴェ→片エビ固め)ジュース・ロビンソン●=勝ち点0

 初優勝を狙う「ゴールデン☆スター」飯伏幸太(36)がジュース・ロビンソン(29)に快勝。開幕2連勝を飾った。

 ふだん仲のいい2人だけに固い握手から試合はスタート。満場の「イブシ」コール、「コウタ」コールの中、さらに手拍子を要求した飯伏。ムーンサルトプレス、雪崩式ブレンバスターなど互いに大技をぶつけ合う華麗な一戦となったが、最後はジュースの必殺のパルプフリクションをかわした飯伏がクロスアーム・スープレックスから必殺のカミゴェ。相手の顔面を粉砕する強烈な蹴りで3カウントを奪った。

 これで開幕2連勝も13分間フルに動き続ける激闘にフラフラ状態でバックステージに戻った飯伏。「自分のペースに引き込めました。G1はどういう状況で誰とやってもシンドイですよ。1勝するのがキツい、厳しいことなんだなって」と声を絞り出した。

 さらに「やってきたことは結ばれると思っているんで。結果です、結果。今年は絶対、結果を残しますから」と、汗まみれの顔で「結果」という言葉を連呼した。(中村 健吾)

格闘技
注目トピック