ダイナマイト・キッド追悼興行、スミスJr.が天国に捧げるダイビングヘッドバット「キッドはいつでも私の心の中にいます」…ダイナマイト・キッド追悼興行全成績

2019年3月15日22時23分  スポーツ報知
  • リング上でメッセージを送ったスミスJr.

 ◆「初代タイガーマスク佐山サトルストロングスタイルプロレス~“爆弾小僧”ダイナマイト・キッド追悼興行~」(15日、後楽園ホール)観衆1640

 初代タイガーマスクの佐山サトル(60)が中心となるダイナマイト・キッド追悼興行実行委員会は11日、昨年12月5日に60歳で亡くなった“爆弾小僧”ダイナマイト・キッド(本名トーマス・ビリントン)さんを追悼する「初代タイガーマスク佐山サトルストロングスタイルプロレス~“爆弾小僧”ダイナマイト・キッド追悼興行~」を15日、後楽園ホールで開催した。

 追悼試合となったメインイベントでキッドさんの親戚のデイビーボーイ・スミスJr.(33)がスーパー・タイガーと組んで船木誠勝、KENSOと対戦。最後は、スミスJr.がキッドさんの必殺フルコースだったツームストンパイルドライバーからのダイビングヘッドバッドでKENSOを破り、天国のキッドさんへ勝利をささげた。

 リング上でスミスJr.は昨年5月にキッドさんが入院していた病院で最後の面会を果たしたことを明かした。その時「私が世界中に行きたいところがあれば一番どこへ行きたい?」と聞いたという。するとキッドさんは「日本に戻りたい」と即答したエピソードを明かした。

 そして、スミスJr.は「今、このリングに彼はいると思います」とキッドさんの気配を感じていることを明かし「ダイナマイト・キッドはいつでも私の心の中にいます。ダイナマイト・キッドのスピリットをお見せします」と叫ぶと、場内からキッドコールが沸き起こっていた。 

 「ダイナマイト・キッド追悼興行」の全成績は以下の通り。

 ▽メインイベント ダイナマイト・キッド追悼試合タッグマッチ60分1本勝負
 〇デイビーボーイ・スミスJr、スーパー・タイガー(17分59秒、ダイビングヘッドバット→体固め)船木誠勝、●KENSO

 ▽セミファイナル タッグマッチ30分1本勝負
 〇タイガーマスク、橋本大地(13分06秒、タイガースープレックスホールド)TAKAみちのく、●ブラック・タイガー

 ▽6人タッグマッチ30分1本勝負
 アレクサンダー大塚、〇岡林裕二、納谷幸男(11分33秒、キャメルクラッチ)崔領二、鈴木秀樹、●神谷英慶

 ▽シングルマッチ30分1本勝負
 〇タカ・クノウ(6分03秒、膝十字固め)●ロッキー川村

 ▽タッグマッチ30分1本勝負 

 〇間下隼人、松本崇寿(7分00秒、変形エメラルドフロージョン→片エビ固め)岩崎孝樹、●レブロン

 ▽タッグマッチ20分1本勝負
 雷神矢口、〇倉島信行(14分14秒、ジャーマンスープレックスホールド)柴田正人、●伊香保京介

格闘技
注目トピック