山陽オート・第24回平成チャンピオンカップ(G1)3日目“瞬間ワープで連勝ゴール、荒尾聡”

2018年4月13日16時55分  スポーツ報知
  • 11Rを快勝した荒尾聡は勇躍バックヤードへと戻ってきた

 「いやあ、スタートが切れていますねえ~」。業界最速のスタート名人が自賛するほどだから、こりゃあ、誰も太刀打ちできない。11R。圧倒的に不利な20メートルラインの大外から荒尾聡が弾丸ダッシュを決めた。あっという間に3番手まで車を押し上げて、難なく抜け出しに成功した。「バネ、キャブ、電気を調整して今回が一番いいですね。伸びるし、手前が開けやすいです。雨ならタイヤを当てます。ここの雨は食いつくので、今の状態のままでいいかもしれないですね。むしろ雨の方が食いつくんじゃないかな」

出走表、成績、払い戻し金などはスポーツ報知紙面にてご確認ください。

オート
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
注目トピック