女子レーサー密着 オフにつけまい~新田有理、毎日見る自分の姿 きれいじゃないと嫌

2018年12月31日6時0分  スポーツ報知
  • 東京駅をバックにポーズを取る新田
  • イルミネーションに彩られた街を歩く
  • 幻想的な光景に感動する新田

 今回のオフにつけまいは、広島支部のやんちゃ娘・新田有理(26)=116期=が登場する。「きれいな物を見るのが好き」と話す新田が、東京の“丸の内イルミネーション”を観賞した。

 ―イルミネーションは良く見る?

 「はい! 単純にきれいなものが見たくて、よく行きます。100メートルイルミネーション(ひろしまドリミネーション)って知ってます? あれを、毎年1回は一人で見に行ってます」

 ―丸の内イルミネーションはどうだった?

 「感動しました。いつまでも見てられる感じ」

 ―他に好きな景色は?

 「実家が広島の廿日市(はつかいち)市っていうとこなんですけど。星空がメッチャきれいで。大好きな夜空です」

 ―きれいなものには目がない?

 「そう! だから、美容にも気を使ってます。自分の姿って毎日見るじゃないですか? それがきれいじゃないと嫌だなって。なんか、ナルシシストみたいで恥ずかしい(笑い)」

 ―具体的にはどんなことをしている?

 「エステとかも行きますけど、やっぱ買い物ですかね。コスメとか洋服とか、賞金もどんどん使っちゃうんでお金がない(笑い)」

 ―買い物はどこでする?

 「広島では基本しないです。東京、新大阪、名古屋とかに月に1回行って爆買いする、みたいな」

 ―他に趣味は?

 「今年から競輪を始めて、暇な時は買ってます」

 ―本場にも行く?

 「5、6回行きました。山口(剛)さんたちが作っている、競輪予想のLINEグループには入れてもらってます。そこで、予想のやりとりをしたりしてますね」

 ―当たる?

 「競輪は難しいです。でも買っていると、自分に賭けている人の気持ちが分かります。やっぱり、予想したとおりに走ってくれるとうれしいですし」

 ―ファンの期待に応えられてると思う?

 「いやもう全然ですよ。シンプルにレースが下手! まだレーサーとして始まってもいないです」

 ―目標は?

 「まずはA級に上がりたい。旋回力を身につけたいですね。最終的には、山口剛さんみたいに攻めが鋭いレーサーになりたいです」

 ―第3回レディースオールスターに選ばれるなど、人気も出てきました。

 「信じられないです。私、愛想が良くないんで人気ないんですよ」

 ―そんな印象はないが。

 「結構怖いイメージっぽいんですよね。どうやって笑えばいいか、分からないだけなんですよ」

 ―愛想笑いは苦手?

 「苦手です! でも、これだけは書いておいてほしいんですけど、私ただのアホですから」

 ―と、言うと?

 「全てのことを『楽しくやれればいいな』って考えているだけです。あ、これが目標かも。ありのままの自分を変えずに、楽しくレーサーを続けていく! まあ、誰もが言ってるようなことなんですけどね(笑い)」

 ◆新田 有理(にった・ゆり)1992年1月14日生まれの26歳。広島県出身。15年5月の宮島一般戦でデビュー。その節の8走目で初勝利を挙げる。19年前期はB1級。レーサーを目指したきっかけは「大好きな兄(泰章)の影響です。選手としてイキイキした兄を見ているうちに、本気で『私も選手になって、楽しい人生を送りたい』と思うようになりました」。153センチ、血液型B。

ボート
注目トピック