ボートレース【SGグランプリ開催まであと4日、G1クイーンズクライマックス開催まであと13日】峰竜太、長嶋万記

2018年12月15日6時0分  スポーツ報知
  • 峰竜太
  • 長嶋万記

 【無冠も着実に稼いだ 峰竜太(33)佐賀GP2位】

 3月のSGクラシック(浜名湖)では優勝戦6号艇で3着に入り、6月の下関64周年と9月の多摩川64周年でのG1優勝2回など、着実に稼いで、今年のSG優勝者以外では、ただ一人トライアル2nd入りを決めた。さらに、11月のチャレンジC(芦屋)準Vで賞金ランク2位に浮上して昨年と同様に初戦の1号艇を勝ち取った。昨年は初戦で逃げ切って流れに乗り、4回目の挑戦で初めて優勝戦に進出した(3着)。「僕の場合、いい時は120%の力が出る」。蓄積した力を、最高の舞台で披露する。

 【SG戦で一段と成長 長嶋万記(37)静岡QC2位】

 8月以降、津、とこなめ、蒲郡のオールレディースを3節連続で制するなど優勝5回で、昨年の8回には及ばないものの、女子戦での強さは不変だ。その上、3月のクラシック(浜名湖)で地元SG初出場、グランドチャンピオン(徳山)とオーシャンC(若松)も初出場で、得たものは多く、一段と成長した一年だった。QCは過去3回とも優出はしているが惜しくも優勝には届いていない。「今年積み上げてきたものを、確信に変えていきたい」。トライアル初戦が1号艇の今年は、頂点に最も近い。

ボートカウントダウン
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
注目トピック