ボートレース【SGグランプリ開催まであと1日、G1クイーンズクライマックス開催まであと10日】選出1位Vは3回だけ

2018年12月18日6時15分  スポーツ報知
  • 太田は98年に25歳でGPを制している。20年ぶりのGP優勝を45歳で狙う

 グランプリとクイーンズクライマックスで達成されそうな記録などを紹介する。

 ◇グランプリ(GP)

 【3位なら白井?】

 GP選出順位1位の選手がそのまま優勝したケースは過去32回中3回しかない(15年山崎智也、93年野中和夫=引退、02年植木通彦=引退)。選出順位3位の選手の優勝が7回で最多。16年瓜生正義、昨年の桐生順平と2年連続で3位が優勝。今年の3位は白井英治だ。

 【歴史作れるか?】

 今大会にはGP優勝経験者が6人(太田和美、吉川元浩、井口佳典、中島孝平、池田浩二、桐生順平)出場する。太田が優勝なら98年以来20年ぶりとなる。同一SGでの優勝間隔の長さで今村豊の18年ぶり(92年、10年メモリアル)を抜き歴代1位となる。

 【ロマンチック~】

 菊地孝平は24日のクリスマスイブが結婚記念日。大会最終日、2人の記念日を優勝で飾れるか?

 【5人目なるか?】

 GP初出場優勝は4人いる(86年彦坂郁雄=引退、07年吉川元浩、10年中島孝平、14年茅原悠紀)。今回初出場は馬場貴也だけ。

 【4人目なるか?】

 昨年覇者の桐生が優勝ならGP連覇は史上4人目となる。

 【6人目なるか?】

 毒島誠は今年2回SGを優勝している。GPも勝てば、年間SG3度優勝となり、史上6人目となる。

 ◇クイーンズクライマックス(QC)

 【6位が…】

 選出順位1位選手は過去6回すべてで優勝戦に進出しているが、優勝したのは13年の平山智加だけ。優出だけなら、選出順位6位の選手も5回と多い。

 【寺田すごい】

 7年連続で出場するのは寺田千恵だけ。過去6回で4回優勝戦に進み、昨年は準Vとなっている。

ボートカウントダウン
注目トピック