オランダから参戦のブフリが快勝…宇都宮競輪「S級エボリューション」

2018年7月1日14時45分  スポーツ報知
  • 宇都宮競輪6Rを快勝したブフリ

 宇都宮競輪の開設69周年記念G3「宇都宮ワンダーランドカップ争奪戦」最終日の1日、第6Rで「S級エボリューション」が行われ、短期登録制度で参戦中のブフリ(25)=オランダ=が快勝した。

 道中2番手で進めたレースでは、最終ホームで後続の動きに合わせて一度、先頭へ。川口聖二―小嶋敬二に抑えられ、内に包まれる厳しい形にはなった。2コーナーで外に持ち出すと、グングン加速。後続を突き放して圧勝した。

 ブフリは「(内に包まれた状況に厳しいかと)一瞬感じた。国際的な、いつもの作戦とは違う走り方をした。うまく抜け出せて良かった。日本のレースは最初に加速して行き切るが、国際レースでは2回か、3回、加速していく。きょうは、そんな感じのレースだった。バンクレコードを出すために頑張ったけど、(仕掛けるのに)待つ時間もあった。高さ(コースの外側)も行ったので(レコードを出すのは)難しかっただろうね」とジョークを交えながら、満面の笑みで振り返っていた。

競輪
今日のスポーツ報知(東京版)