牛山貴広が2度目の記念制覇 小松島競輪

2018年7月8日17時22分  スポーツ報知

 小松島競輪の開設68周年記念G3「阿波おどり杯争覇戦」決勝が8日、第12Rで争われ、牛山貴広(37)=茨城・92期が、中団を確保した天田裕輝に乗って直線外を強襲して優勝。昨年6月の富山以来、2度目の記念制覇を果たした。2着は、先制した三谷竜を追走した村上義弘、3着には、山田英の仕掛けに乗って直線で鋭く迫った守沢太志が入った。牛山の次回出走予定は、14日からの青森F1。

 第9Rで行われた「S級エボリューション」は、残り1周半を切って後方から一気に仕掛けたグレーツァー(25)=オーストラリア=が、後続を寄せ付けず力強く逃げ切って優勝した。

競輪
注目トピック