引退した市田佳寿浩さんがトークショー

2018年12月16日16時47分  スポーツ報知
  • 伊東競輪のベントでトークショーを尾庫bなった市田佳寿浩ーさん(右)

 10月23日に現役引退を表明し、今月13日に選手登録を抹消した市田佳寿浩さん(43)=福井・76期=が、伊東競輪の開設68周年記念G3「椿賞争奪戦」最終日の第9R後に、場内ステージでトークショーを行った。

 「今は、福井でアマチュアやプロの指導をして過ごしています。大きなケガは5回くらいはあったが、毎回、S級までしっかり戻る、戻る課程でも、みなさんにしっかりと支持されたいと思って取り組んでいた。タイトルを取れると言われながら、取れていなくて、チャンス(10年の寛仁親王牌を制覇)が巡ってきた時に、脇本(雄太)君が出てきてくれて。自分としてはタイミングが良かったなと思う。競輪も自転車も好きなので、この業界に携わっていきたいし、地元では育成も頑張っていきたい」

 司会を務めた山口幸二氏とともに軽妙なトークを展開。集まった多くのファンを盛り上げた。

競輪
注目トピック