桐山が2度目のG3制覇

2019年3月17日21時11分  スポーツ報知
  • 第8回国際自転車トラック競技支援競輪で優勝した桐山敬太郎

 桐山が2度目のG3制覇―。防府競輪「国際自転車トラック競技支援」決勝戦が17日、第12Rで行われた。宮本隼輔と高久保雄介の激しい先行争いとなり、5番手確保から桐山敬太郎(36)=神奈川・88期=がまくって優勝。14年8月小田原以来、2度目のG3制覇を飾った。2着は中国勢の後位からまくって伸びた荒井崇博、3着は番手まくりを打った山本伸一が入った。「決勝は想像していた通りに叩き合いになった。構えたぶん、しっかり脚もたまっていた。またG1の決勝に乗れるように頑張ります」。最高の笑顔を見せた。上位3人の次走予定は、桐山と山本が3月25日からの松阪F1。荒井は3月25日からの高知F1。

競輪
注目トピック