【巨人】痛恨の逆転サヨナラ負け カミネロ守護神降格も

2018年6月30日6時0分  スポーツ報知
  • 9回1死一、三塁、福田に中前へサヨナラ打を打たれマウンドに座り込む沢村(後方は生還する藤井、捕手・大城=カメラ・池内 雅彦)

 ◆中日4x―3巨人(29日・ナゴヤドーム)

 巨人は、最下位の中日に痛恨の逆転サヨナラ負けを喫し、5位に転落した。田中俊の逆転2点三塁打などで2点をリードして迎えた9回、守護神のカミネロが平田にソロを浴びるなど1死二塁で降板し、代わった沢村が3連打を許した。サヨナラ負けは今季4度目、今月だけで3度目だ。チームは5連敗で、今季初の借金6。由伸監督は、カミネロの配置転換を示唆した。

 飛びついたが、及ばなかった。沢村が必死に伸ばしたグラブの先を、白球が越えていった。9回、2点リードを追いつかれ、なお1死一、三塁。福田の高く跳ねたゴロが、無情にも前進守備の二遊間を破っていった。今季4度目のサヨナラ負け。由伸監督は「今の最善だと僕が考えるパターンでいって、こういう形になったので。采配ミスと言えばそうです」と責任を負って選手をかばった。

 またも守護神の乱調が全てを無にした。3―1で迎えた9回。抑えの助っ人右腕がマウンドへ。だが、1死から平田に左越えソロを運ばれると、続く高橋には右翼フェンス上部直撃の二塁打。たまらずベンチは今季初めてイニング途中でカミネロを諦め、“代魔神”に沢村を送ったが、やはりスクランブルでの登板になったのだろう。必死で腕を振ったが、1死も取れず、3連打を浴びて痛恨の逆転負けを喫した。

 責任感の強い背番号15は「(いつから準備したか)それは言えません。ただ、求められて行っているわけで、抑えることができなかったのは悔しい。申し訳ないです」と頭を下げたが、事情はくんで余りある。指揮官は「ちょっとカミネロが不安定かなというところで、そちら(沢村)を選択した。どちらにしてもこういう形になったんで、選択ミスです」と再び自らを責めた。

 だが、何より無視できないのは、カミネロの不安定さだ。シーズン初黒星を喫した17日のロッテ戦(ZOZO)に続き、2度目のセーブ失敗。今季は20試合に投げて11セーブを挙げているが、防御率は5・79。1回を完全に抑えたのはわずか5試合と、安定感に著しく欠ける。今後の配置転換について、指揮官は「そういうことも考えなくちゃいけないかな、というところはある」と勝利の方程式の再考を示唆した。

 先発・山口俊が7回1失点と試合をつくり、打線が逆転、ダメ押しと理想の展開に持ち込んだだけに、ダメージが残る黒星だ。今季3度目の5連敗で5位に転落。借金は最多の6となった。一刻も早く方程式の“最適解”を見つけなければ、浮上の糸口は見えてこない。(西村 茂展)

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ