【巨人】8戦勝ちなしの田口、2軍落ち「またここに戻ってきたい」

2018年7月5日6時0分  スポーツ報知
  • 5回途中に5失点で降板する田口

 ◆巨人4―8DeNA(4日・東京ドーム)

 現実を受け止めた。田口は自身5連敗となり、試合後に斎藤投手総合コーチから2軍行きが通達された。先発ローテに定着した16年以降、自身初めての降格。悔しさを糧にし、はい上がってくる決意を口にした。

 「自分の弱いところがたくさんあると感じました。二度とこういう思いはしたくない。しっかり練習してレベルアップしないといけない。またここに戻ってきたい思いが強いです」

 前回6月27日の広島戦(マツダ)は4回5失点。試合後、由伸監督が「代わりがいる選手でもない。何とか乗り越えてほしい」とコメントした。これを知った田口は「そういうことを言ってもらっているので、結果を出さないといけないです」と奮起。中6日でこの日のDeNA戦に臨んだが、5回途中8安打5失点で6敗目。約2か月、8登板連続白星なしとなった。

 昨年は13勝4敗で2年連続2ケタ勝利。今年は左のエースに期待されたが、2勝6敗、防御率4・92。良いボールもあるが、制球に苦しむ場面が多い。「いい球がいったな、という球がボールになってしまっている。ゾーンいっぱいに投げ込めていたはずのところが、甘くなってしまっている」と分析。今後はファームで修正に取り組んでいく。

 「強い意志を持って高い意識で試合に臨んでいかないといけないと、これ以上ないくらい気づかされたと思います。レベルアップできるように最大限、突き詰められるようにします」

 逆転優勝に欠かせない存在。誰もが復調を信じて待っている。(片岡 優帆)

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)