【巨人】ソロ本塁打5本浴び完敗 坂本勇、タイムリーで完封逃れたが…

2018年7月7日21時19分  スポーツ報知
  • 4回2死一塁、亀井の二塁ゴロで一塁走者・岡本(左)は菊池のタッチをかわすも、ラインアウトで併殺となった(カメラ・上村 尚平)

 ◆巨人2―5広島(7日・東京ドーム)

 巨人が広島に2―5で敗れ、借金5で5位に転落した。首位・広島とのゲーム差は8・5となった。

 先発・内海が4回に鈴木に12号ソロを浴びると、5回に丸に16号ソロを被弾した。

 5回まで先発・野村の前に2安打に抑えられていた打線は6回、内海の代打・重信が右前安打で出塁も二盗失敗。7回にはマギーの二塁内野安打、長野の右前安打で2死一、二塁としたが大城が二ゴロに倒れた。

 7回から登板していた2番手・田原が8回に丸に2打席連発となる17号ソロを右翼席にたたき込まれた。

 3点を追いかける8回に広島2番手のジャクソンを攻め、1死から代打・宇佐見が右中間二塁打すると、坂本勇が左中間へタイムリー二塁打を放ち1点を返したが、代打・阿部は空振り三振。マギーは四球で歩いたが、岡本が三飛に倒れた。

 9回には3番手・中川が西川、会沢に連続ソロ本塁打を浴び1死も取れずに降板した。

 最終回は広島の守護神・中崎から、亀井の左中間二塁打と内野ゴロ2本で1点を返したが及ばず。

 内海は6回5安打2失点で敗戦投手(2勝1敗)。

 

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ