【巨人】岡本、初球宴は「勉強の4の0、ずっとフワフワ…でも楽しかった」…独占体験記

2018年7月14日10時0分  スポーツ報知
  • 2回1死二塁、左越え2ランを放った宮崎(左)を笑顔で出迎える岡本(捕手・森友=カメラ・馬場 秀則)

 ◆マイナビオールスターゲーム2018第1戦 全パ7―6全セ(13日・京セラドーム大阪)

 「マイナビオールスターゲーム2018」第1戦が13日、京セラDで行われた。ファン投票で初出場の巨人・岡本は「8番・一塁」でフル出場もホロ苦の4打数無安打。スポーツ報知に球宴体験記を寄せ、一流選手から「いろいろ勉強したい」と決意を明かした。試合は西武・秋山の史上初2年連続先頭打者弾、DeNA・筒香の3年連続アーチなど5発が飛び交う空中戦。全パが競り勝ち、通算成績を83勝78敗11分けとした。最優秀選手(MVP)は西武の森友が初受賞。第2戦は14日に熊本で行われる。

 初めてのオールスターは打てなかったけど、楽しかったです。ずっとフワフワしている感じでした。やっぱり技術であったり、すごい選手ばかり。いい空間の中でやらせてもらっているなと思いました。

 開幕前には、まさか自分がオールスターに出られるとは想像もしていませんでした。ファン投票で選んでもらえたことは本当に驚きましたし、同時にありがたいことだなと思いました。選手間投票では一塁だけではなく、三塁で69票頂いたこともうれしかったです。自分の持ち味はやっぱり打撃。結果ではなく、しっかりとバットを振っていくことを心がけて、打席に立ちました。

 2年前に出場したフレッシュオールスターのことはよく覚えています。オコエ君が(3安打1打点で)MVP確定かなと思ったけど、5回に3ランを打ててMVPを頂けたので本当にうれしかったです。その時は知っている同期の選手もいたので楽しかったですね。

 でも、今回はテレビで見ていた選手ばかり。セ・リーグだったら筒香さんはホームランをたくさん打っていますし、本当にすごい。試合中は「頼む、飛んでくるな」と思いながら守備しています(苦笑い)。交流戦で対戦した柳田さん、山川さん、森さんのフルスイングは空振りしただけでも、迫力がありました。吉田正さんもホームランも打てるし、率も残っているし、勝負強い。そういう一流の選手ばかりが集まる舞台なので、この2日間で見て、聞いていろいろ勉強したいと思っています。

 セ・リーグの先発マウンドに上がった松坂さんとは、実は16年オフのウィンターリーグでプエルトリコに行った時に同じチームでプレーした経験があります。現地でもファンからすごく応援されていて、人気がありました。でもマウンドでのイメージと違い、いろいろ話しかけてもらったり本当に優しかったです。松坂さんもそうですし、同期入団の上原さんがファン投票で選ばれたことは、本当にすごいことだと思います。自分が同じ年齢になったら…と考えると想像もつかないです。

 京セラDは小学生の時に初めてプロ野球を観戦したり、交流戦で初めて4番で使ってもらうなど思い出があります。縁のある場所で初めてオールスターでプレーできてよかったです。2戦目も自分のスイングを見せられるように頑張ります。(巨人内野手)

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック