【巨人】マツダで13連敗…8回無死満塁のチャンス生かせず

2018年8月10日21時18分  スポーツ報知
  • 6回5失点で初黒星を喫したメルセデス(左はマルティネス)

 ◆広島9―3巨人(10日・マツダスタジアム)

 首位・広島と2位・巨人の首位攻防戦第1ラウンドは、3-9で巨人が完敗した。広島は4番・鈴木が先制、追加点と2本のアーチをかける大活躍。巨人は“鬼門”マツダスタジアムで、昨年途中から13連敗を喫した。

 巨人先発のメルセデスは、初回に鈴木から先制2ランを浴びた。巨人は2点を追う4回に岡本が21号ソロを放ち1点差としたが、その裏に広島に4連打などで2点を追加された。

 広島は6回にも西川の左適時打で1点追加。巨人打線は1-5で迎えた7回に2点を奪い、広島先発・野村をマウンドから引きずり下すも、巨人の2番手・野上が鈴木にこの日2発目となる20号2ランを浴び2点を返された。

 8回に無死満塁のチャンスを生かせなかった巨人は、その裏、広島・田中の2ランで追加点を許した。

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ