【巨人】重信、足攻でマツダ連敗止めた 肉体改造で猛打賞 快足キャラ「ピノ」超え?

2018年8月13日6時0分  スポーツ報知
  • 5回無死、重信が三塁打を放ち滑り込む(カメラ・矢口 亨)

 ◆広島4―8巨人(12日・マツダスタジアム)

 巨人がやっと止めた! 投打がかみ合い首位・広島を圧倒し、昨年から続くマツダスタジアムでの連敗を13で止めた。初回に先頭・重信の二塁打を足掛かりにマギーの犠飛で先制すると、2回には陽岱鋼の2試合連続弾で加点。5回には重信の3本目の長打となる三塁打から5連打などで一挙4点を奪った。6回にはマギーがダメ押し2ラン。先発した今村も7回5安打1失点で4勝目を挙げた。

 まるでコマ送りだった。グラウンド上、重信のスピード感だけが異次元だった。2点リードの5回先頭。外角スライダーを打ち返すと、打球が左中間にバウンドする頃にはすでに一、二塁間にいた。ためらいなく、トップスピードのまま二塁を蹴り、あっという間に三塁へ。「とにかく塁に出て、とにかく次の塁を狙うだけです。迷わずに行けました」。相手守備陣も、中継プレーを諦めてフリーズするしかなかった。重信が見せた文字通りの「速攻」から、5連打で一挙4得点。勝負ありだった。長かったマツダの連敗トンネル。ようやく出口の光を浴びた。

 前日11日は土壇場9回2死から陽の同点弾が飛び出し、4時間44分の激闘の末にドローへ持ち込んだ。マツダスタジアムでの連敗は「13」のままだったが、変わりかけた流れを一気に引き寄せるべく、ベンチは手を打った。この広島戦初戦、2戦目と10打数無安打のマルティネスに代わり、1番に座ったのはスピードスター重信。その起用に応えた。

 初回先頭。福井の低めフォークはボール球だったが、これを中前へ打ち返した。打球がわずかに右中間寄りに落ちると、快足を飛ばしてあっさり二塁を陥れた。さらに暴投を捕手が手前にはじいた隙に判断良く三塁へ進み、マギーの中飛で楽々と生還。高橋監督が「シーズン途中から少し打撃が良くなってきている」と認めたように、3回にはバットを折られながらも二塁打を放ち、7月31日のDeNA戦(横浜)以来、今季3度目の猛打賞とした。

 昨秋キャンプでは、両手両脚がつって倒れ込むまでバットを振り込んだ。「自分の持ち味は足ですが、足を生かすためには、打ったり出塁することが大前提」。継続してきた肉体改造も実を結び、スピードを維持したまま、体重6キロ増にも成功した。いまや「転がせばセーフ」どころではない。打てる重信は、人気ゲーム「ファミスタ」の快足キャラ「ピノ」よりも反則級のプレーヤーだ。

 昨年8月12日から始まったマツダスタジアムでの13連敗を、ついに止めた。指揮官は「重信に限らず、打順が一番多く回るわけだから」とリードオフマンの重要性を説きつつ、「攻撃陣がしっかりといいリズムで、先にたくさん点を取ったんでね。(連敗ストップ?)そうやって言われるからそうなんだけどさ。勝ったことが大きいよね」と喜んだ。丸1年間の呪縛から、重信の快足で逃げ出した。(尾形 圭亮)

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック