【巨人】上原、実戦復帰 1回15球1安打無失点

2018年8月16日21時4分  スポーツ報知

 ◆イースタン・リーグ 巨人―楽天(16日・東京D)

 コンディション不良でリハビリ調整中の巨人・上原浩治(43)が16日、実戦復帰を果たした。

 東京Dで行われた2軍戦で1点リードの8回から登板。1死で安打を浴び一塁。足元に転がってきた打球を素早く二塁に送球し、投ゴロ併殺とした。1イニングを15球1安打無失点。登板後はいつもと変わらず“ハイファイブ”を交わし、球場のボルテージは一気に上がった。

 7月27日に出場選手登録を抹消された。7月26日のヤクルト戦(京セラD)以来、約2週間ぶりの登板となった。現在、1軍は上原以外にもマシソン、カミネロが離脱中。開幕からの“勝利の方程式”は沢村のみの状態。登板だけで球場の雰囲気がガラリと変わるベテラン右腕。復帰に期待がかかる。

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ