【巨人】中川、初勝利 7球3者凡退、打線が4点差逆転で「野手の皆さんのおかげです」

2018年8月20日6時0分  スポーツ報知
  • プロ初勝利を挙げ、マギー(右)からウィニングボールを受け取った中川(カメラ・矢口 亨)

 ◆巨人6x―5中日(19日・東京ドーム)

 照れくさそうに、中川は記念球を握り締めた。4点ビハインドの9回に登板し、わずか7球で3者凡退。悪い流れを断ち切り逆転劇につなげた。「野手の皆さんのおかげです。うれしいです。感謝しています」と、3年目での初勝利を喜んだ。

 今季は開幕ローテを争ったが、中継ぎスタート。昨季は最速150キロをマークしたが、今季は140キロ台前半と球速が落ちた。制球も乱れ防御率も6点台に悪化。葛藤する中、約1か月前に阿部から「腕を少し下げてみたらと」とアドバイスをもらった。

 試合前練習のキャッチボールではサイドの田原と組んで、アドバイスをもらった。結果、平均球速は140キロ台後半に上がり、球威も増した。「思い切り腕が振れて自分に合っている。左打者も打ちにくそうにしている。投げ方を変えて良かった」

 ウィニングボールは「ベタに親にあげようかな」と、大阪に住む両親の元に送るつもりだ。さまざまな人々の協力を受けてつかんだ、初勝利だった。(玉寄 穂波)

 ◆中川 皓太(なかがわ・こうた)1994年2月24日、大阪・富田林市生まれ。24歳。山陽高(広島)では甲子園出場なし。東海大では主に先発として活躍。15年ドラフト7位で巨人入団。今季は19試合に登板し1勝0敗、防御率6・31。183センチ、86キロ。左投左打。年俸1560万円。

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ