【巨人】立岡が決勝打 阪神に競り勝つ 山口俊は5年ぶり、移籍後初セーブ

2018年9月23日17時35分  スポーツ報知
  • 8回2死一、二塁、勝ち越しの中前適時打を放つ立岡(カメラ・中島 傑)

 ◆阪神1―2巨人(23日・甲子園)

 巨人は接戦を制して阪神に勝利した。

 巨人は初回、マギーが右前打を放ったが、阪神の先発・青柳の前に2回から4回まで3者凡退に抑えられていた。5回、この回先頭の阿部が右前打を放つと、続く亀井も左前打。しかし、ゲレーロ、大城が連続三振に抑えられ、好投の今村に代わる代打・宇佐見も一ゴロに打ち取られた。

 巨人先発の今村は4回まで阪神打線相手に2安打無失点の好投。5回からマウンドに上がった中川は、1死走者なしから糸原に左前打されるも森越を遊ゴロ併殺に抑えた。

 5回まで阪神先発・青柳の前に無得点に抑えられていた巨人打線が6回に目覚める。

 2死後、マギーが四球を選ぶと、岡本が鋭い打球を左前に放ち、一、二塁とする。続く阿部が右前に適時打を放ち、巨人が先制した。

 しかし、7回、4番手でマウンドに上がった上原が誤算だった。1死後、梅野に左前打を許すと、2死後、糸原に右前打で一、三塁とされると、代打・鳥谷に中前に同点適時打を浴びた。

 巨人は8回、阪神の4番手・藤川を攻める。1死後、岡本が四球を選ぶと、2死後、長野が申告敬遠。途中出場の立岡が中前適時打を放ち、勝ち越した。

 7回途中から登板の5番手・畠が8回を抑えると、9回は山口俊が登板。1死二塁のピンチも抑え逃げ切った。打者4人を完全に抑えた畠が今季初勝利。山口俊が初セーブを挙げた。山口俊のセーブはDeNA時代の2013年以来、5年ぶり。

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)