【巨人】甲子園で珍プレー ライナー「アウト」から審判協議で判定変更

2018年9月24日16時16分  スポーツ報知
  • 7回無死二塁、抗議をする金本監督(カメラ・中島 傑)

 ◆阪神ー巨人(24日・甲子園)

 24日の巨人・阪神戦(甲子園)で珍しいプレーがあった。

 0―0の7回無死二塁。打席には巨人・阿部。初球、2球目とバントの構えを見せボール、ファウル。3球目からはヒッティングに切り替わり見逃しの後の4球目、引っ張って強烈なライナーを放った。これを一塁手・ナバーロが地面すれすれで捕球。一塁の橘高塁審はノーバウンド捕球として「アウト」のジェスチャーとコールをした。

 ナバーロは二塁走者・岡本が飛び出したとみて二塁に送球も悪送球となり、岡本は三塁へ。1死三塁と思われたが、審判団が協議。その結果、ナバーロの捕球はショートバウンドだったと判定が覆った。

 橘高塁審は場内にマイクで「ファーストライナーでアウトのジェスチャーをしましたが、4主審判で協議の結果ショートバウンドとし、ノーアウト一、三塁で再開します」と説明した。

 納得いかないのは阪神・金本監督。ナバーロからすれば、橘高塁審がノーバウンド捕球、アウトと言ったから一塁ベースを踏まず、二塁に送球したとも言えるプレーだったからだ。金本監督は抗議したが、判定は変わらず。塁審よりも前の打球のためリクエスト(映像検証)の対象外で、審判団の協議のみが決定事項として採用された。

 阿部の公式記録はフィルダースチョイス(野選)、岡本の三塁進塁がナバーロの失策。無死一、三塁で試合が再開も、巨人は岩貞の前に無得点に終わった。

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック