【巨人】延長12回0―0で引き分け メルセデス、畠、山口俊の無失点リレー報われず

2018年9月24日17時48分  スポーツ報知
  • 10回から3イニングを完璧に抑えた山口俊(カメラ・中島 傑)

 ◆阪神0―0巨人=延長12回規定により引き分け=(24日・甲子園)

 巨人が阪神と延長12回引き分けた。メルセデス、畠、山口俊の無失点リレーで虎打線を封じこめた。ただ、打線はあと一本が出ず好投の投手陣を援護できなかった。

 3位の巨人は、4位のDeNAが広島に勝ったため0・5ゲーム差に詰めよられた。

 先発のメルセデスは8回を無失点98球3安打。阪神打線に二塁を1度も踏ませない好投で、対阪神戦は3戦24イニング無失点と好相性ぶりを発揮した。

 9回から登板した2番手の畠は、先頭打者の出塁を許すも後続を封じた。3番手の山口は、3イニング無安打無失点。1人の走者も許さなかった。

 打線は7回無死一、三塁の好機を作るもあと一本が出ず。阪神投手陣を攻略できなかった。

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック