【巨人】原辰徳氏、「今は『前向きに考えます』ということです」…一問一答

2018年10月11日6時0分  スポーツ報知

 巨人の来季新監督候補として一本化されていた原辰徳氏(60)が10日、正式に就任要請を受け、受諾する意向を示した。この日、東京・大手町の球団事務所で、山口寿一オーナー(61)と会合を持った席で正式なオファーを受け「前向きに考えます」と伝えた。チームは13日からクライマックスシリーズ(CS)第1ステージでヤクルトと激突する。原氏は報道陣に対応した際、自身のことよりも日本一を目指すチームを気にかけ「最後の最後まで戦い抜いて」とエールを送った。

 ★原氏に聞く

 ―球団から要請を受けての率直な気持ちは。

 「(正式な就任会見の)その時にまたその話をしましょう。今は『前向きに考えます』ということです」

 ―再建にかける思いは。

 「それもその時でいいんじゃないでしょうか」

 ―ドラフトに参加する予定。くじを引く姿を楽しみに待っているファンもいる。

 「どうでしょうか。どうでしょう」

 ―電話をした中で、高橋監督とはどういった会話を。

 「いろいろ話はしております。はい」

 ―激励の言葉も。

 「その時にまた話します。まだ戦い半ばとは言わないけど、戦いの途中ですから。その部分に関してはとにかく全力で戦ってもらいたいと。それだけですね」

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック