【巨人】CSファイナルステージへ王手…上原継投、エンドラン奇襲、由伸采配ズバリ

2018年10月13日21時7分  スポーツ報知
  • ベンチ前で田中俊(左)を迎える上原(カメラ・相川 和寛)

  ◆2018 マイナビ クライマックスシリーズ セ ヤクルト1―4巨人(13日・神宮)

 巨人がヤクルトとのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージの初戦でヤクルトに4-1で勝利し、CSファイナルステージ進出へ王手をかけた。

 初回に岡本の犠飛で先取点を挙げた巨人は、先発の今村が2回、2死二塁から中村に中越え適時二塁打を浴び、同点を許したが、直後の3回に坂本勇が、ヤクルト先発・小川の外角低めの変化球をうまくとらえ打球はライナーで左翼スタンドに。ソロアーチで勝ち越し点を挙げた。

 巨人先発の今村は2回に1点を失うも、90キロ台の緩いカーブを交えてヤクルト打線をほんろう。5回2死、坂口に左翼線二塁打を浴び、山田哲の場面で2番手の上原にバトンタッチした。

 場内がどよめく中、日本球界では08年以来となるポストシーズンのマウンドに上がった上原。しかし1ボールから2球続けてストライクをとると、最後はスプリットで空振り三振。ピンチを脱すると、両手をたたいて喜んだ。上原は、約2週間ぶりの実戦ながら、今季初の回またぎで6回も3者斬りの好投を見せた。

 巨人打線は7回、先頭の長野が左前打で出塁すると、陽岱鋼が2球目をヒットエンドランの奇襲に出た。打球は遊撃・西浦の頭上を越え、一塁走者・長野が一気にホームに滑り込み、適時二塁打となった。さらに小林が犠打で陽を送り、1死三塁となったところで上原に代わって代打・亀井。ヤクルトは先発の小川をあきらめ2番手・ハフがマウンドに。亀井の飛球は、前進守備の山田哲の頭上を越え適時打に。一気に突き放した。

 高橋由伸監督は、リーグ優勝を逃した責任から、すでに今季限りでの辞任を表明しており、敗退すればユニホームを脱がなくてはいけない。14日の第2戦はエース・菅野智之の先発が予告されている。一気にファイナルステージを狙いにいく。

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)