【巨人】松原聖弥、兄はお笑い芸人 1軍初打席がランニング3ラン&内野安打&盗塁

2018年11月9日6時0分  スポーツ報知
  • 4回1死二、三塁、左翼へランニング本塁打を放った松原はボールの行方を見ながら全力で二塁をまわる(カメラ・生澤 英里香)
  • ランニング本塁打を放った松原(右)は原監督とグータッチする(カメラ・生澤 英里香)
  • 4回1死二、三塁、ランニングホームランを放つ松原(カメラ・矢口 亨)

 ◆日米野球エキシビションゲーム 巨人―MLB(8日・東京ドーム)

 巨人対MLBオールスター戦」が8日、東京Dで行われ、原監督の復帰初采配となった巨人は6―9で敗れた。

 2年目外野手の松原が4回にランニング3ラン本塁打、6回には内野安打と盗塁を記録して自慢の俊足をアピールした。先発した2年目右腕の高田は3回7失点。また、松井秀喜氏がMLBチームの一塁ベースコーチを務めた。侍ジャパン対MLB選抜の戦いが9日、東京Dで幕を開ける。

 松原は少年のように、無我夢中に走り抜けた。6点ビハインドの4回1死二、三塁。代打で迎えた“プロ初打席”。オテロの初球の直球だった。左中間への打球を守備が一瞬お見合いし、間に落ちた打球は後方へ。一瞬の隙を見逃さず快足をとばしホームに生還。プロ初本塁打はランニング3ランだ。

 「入団したときから初打席は楽しもうと思ってました。それがいい結果になって良かったです」。ベンチに戻ると、原監督と右手でグータッチを交わし、最高の笑顔を見せた。

 衝撃的な“デビュー”に三塁側ベンチから見ていたメジャー屈指の強肩強打の捕手・モリーナもびっくり。「ランニングホームランの選手は侍ジャパンだろう。えっ? 違うの? すげー速い」と話すほど。聞いた松原は「あのモリーナが? ウソ…。あのモリーナですよ?」と興奮していた。

 プロ2年目の今年7月に支配下契約を結んだが、1軍出場は0。2軍で主力として117試合に出場し、134安打は10年の日本ハム・杉谷の持つイースタン年間最多安打を塗り替えた。秋季キャンプでは紅白戦、練習試合と共にマルチ安打をマーク。原監督をして「天才的」と言わしめた。

 打撃だけではなく、塁に出ると次を狙う。2打席目の6回2死、一塁線へのゴロは、投手のカバーが俊足に追いつけず内野安打に。初球から二盗を試みて成功し、捕手が悪送球した間に一気に三塁まで到達した。

 「今日は全部がたまたまですよ」と謙遜するが、常に「積極性」を掲げるからこそ生まれたプレーだ。「初打席は楽しむ」という意識も、1年目に当時3軍打撃外野守備コーチだった後藤打撃コーチからの言葉を胸に抱き続けた。「1軍で緊張するのは当たり前。楽しまないともったいないよ」

 冗舌な関西弁で笑いを起こすが、実はとても緊張しがち。試合前も異常な数の報道陣に「こんなに人が多い試合は経験したことないですよ…」とがちがち。試合前の緊張を緩和させるには何か特別なこともせず、ガムシャラに挑むことしかないと言う。「僕の立場はなおさら積極的にいかないと。失うものはないので。初球ストライクなら打つ、初球から走れたら走る。それだけです」

 ここで終わりじゃない。アピールの秋季キャンプは続く。「まだまだ頑張ります」と松原。来季に向けて、23歳が強烈なインパクトを残した。(玉寄 穂波)

 ◆松原 聖弥(まつばら・せいや)1995年1月26日、大阪市生まれ。23歳。一般受験で仙台育英高に進学。野球部では3年春夏ともにベンチ外。首都大学リーグ2部の明星大で2年春から5季連続ベストナイン。16年育成ドラフト5位で巨人に入団。今季は7月末に支配下登録され背番号59に。2軍で117試合、打率3割1分6厘、24盗塁。173センチ、72キロ。右投左打。年俸420万円。

 お笑いコンビ「ロングアイランド」松原侑潔(聖弥の兄)「ドラフトも育成5位だったし、今日のホームランもランニングホームラン。泥臭い感じが聖弥っぽいですね。よく兄弟で『お互い切磋琢磨(せっさたくま)していこう』と話しているのですが、格差が開いてしまいました」

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)