【巨人】大江、2回被弾猛省も「自信」 高田は3回5Kも7失点

2018年11月9日6時0分  スポーツ報知
  • 3回無死二塁、モリーナ(左)に右中間適時二塁打を打たれた高田
  • 4回から2番手で登板した大江。ソロ本塁打を許したが2三振を奪った(カメラ・相川 和寛)

 ◆日米野球エキシビションゲーム 巨人6―9MLB(8日・東京ドーム)

 「日米野球エキシビションゲーム 巨人対MLBオールスター戦」が8日、東京Dで行われ、原監督の復帰初采配となった巨人は6―9で敗れた。2年目外野手の松原が4回にランニング3ラン本塁打、6回には内野安打と盗塁を記録して自慢の俊足をアピールした。先発した2年目右腕の高田は3回7失点。また、松井秀喜氏がMLBチームの一塁ベースコーチを務めた。侍ジャパン対MLB選抜の戦いが9日、東京Dで幕を開ける。

 同学年コンビの希望が詰まった5イニングだった。先発して3回7安打7失点(自責5)の高田と、2番手で2回2安打1失点の大江は試合後、大リーガー相手の貴重な機会を、来季への糧にする決意を示した。

 高田「持っている全てを出せた。カーブでストライクを取ってフォークで空振りも取れた。この試合の先発を任されたことを次につなげたいです」

 大江「いい経験をさせてもらったので、変化球の精度など、もっとレベルアップしていきたいです」

 先陣を切った高田は初回、坂本勇の失策の間に2失点したが、アウト3つは全て三振。メジャー通算198本塁打の1番サンタナをスライダー、4番ハニガーと6番スアレスは低めのフォークを振らせた。3回に天井直撃二塁打など不運もあり5安打5失点。「スイングが鋭く、内角を使わないと抑えられないと感じました」と振り返ったが、計5奪三振と光るものがあった。

 同じ高卒2年目の高田からバトンを受けた大江は4回、先頭のサンタナを落ちる球で空振り三振。5回はスアレスを直球で空振り三振に抑えた。リアルミュートに高めに浮いたチェンジアップを逆方向の右翼席へ運ばれた一球を猛省したが、「直球でファウルを取れたことは自信になりました」と手応えもつかんだ。

 今季は高田が先に1軍デビューし、7月29日の中日戦(東京D)に先発して2回6失点。「持ち味の直球をもっと磨かないといけない」と痛感し、2軍で精度を高めてイースタン最多勝、最優秀防御率を獲得した。2年間、ファームで修業して1軍登板なしの大江は高田の存在を「刺激になります」と奮起している。

 宮本投手総合コーチは「こういう舞台で投げることが成長につながる。大人の階段を上っていますよ。開幕までまだ時間はある。一歩一歩、上っていってほしい」と先発候補の若き2人の成長に大きな期待を寄せた。(片岡 優帆)

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)