【合同トライアウト】MAX152キロ! 巨人・廖任磊は「台湾もある。野球を続けたい」

2018年11月13日19時53分  スポーツ報知
  • 打者3人を無安打に抑えた巨人・廖任磊 

 ◆12球団合同トライアウト(13日・タマホームスタジアム筑後)

 戦力外となった選手らを対象としたプロ野球の12球団合同トライアウトが13日、福岡・タマホームスタジアム筑後で行われた。投手、野手合わせて48選手が参加。カウント1―1からのシート打撃形式で、投手は打者3人と対戦、野手は5打席で実力をアピールした。

 2メートル1センチ、125キロの超大型右腕として期待されながら、巨人では2年間1軍登板がなく戦力外となった台湾出身の廖任磊投手(25)は、鵜久森(ヤクルト)、高橋(元巨人)を連続三振、河野(巨人)を一飛と3人を完璧に仕留めた。最速は152キロをマークし、「力のある直球をアピールできてよかった」。NPBでの現役続行が第一希望だが、「僕の場合は台湾プロ野球もある」と、幅広く進路を見定めていく。

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック