【巨人】原監督、中島宏之に交渉解禁“速攻”ラブコール「非常に魅力のある選手」

2018年11月14日6時0分  スポーツ報知
  • 09年3月、WBCで優勝してポーズを決める原日本代表監督(左)と中島

 巨人が、今季限りでオリックスを退団する中島宏之内野手(36)の獲得に乗り出すことが13日、分かった。この日、合同トライアウトが終了し、自由契約となる選手との交渉が解禁となったことを受けて原監督は「すごく評価しています。非常に魅力のある選手」と、水面下で調査を続けてきたスラッガーに真っ先にラブコールを送った。今後は条件提示を含めた交渉に乗り出すが、原巨人の誠意として大きなアピールとなりそうだ。

 まさに、速攻だった。この日、宮崎秋季キャンプの全体練習終了後。原監督がオリックスを退団する中島に対し、胸の内を明かした。「すごく評価しています。野球選手としての質の高さ、勝負強さ。このところ、少しけがもあるようだけれど、頑健な体を持ち合わせている非常に魅力のある選手」。指揮官の言葉が、球団を挙げて正式に獲得へ乗り出す意思の表れだった。

 この日、自由契約となる選手との交渉が解禁となった。中島はオリックスでの3年契約最終年となった今季、77試合で打率2割8分9厘、5本塁打、34打点。オリックスとの交渉では条件面で折り合いがつかず、3日に今季限りでの退団を発表した。それを受け、巨人は逆方向へも長打が期待できるパンチ力、柔軟なバットコントロールは健在と、水面下で調査を進めてきた。

 ここぞで頼れる男だと一番分かっているのは、原監督かもしれない。09年の第2回WBCでは監督と選手として、ともに日の丸を背負って戦った。1番に座ったイチローとクリーンアップをつなぐ2番打者として打率3割6分4厘、6打点の成績で世界一に貢献。4二塁打を放った長打力に、右打ちなどの小技も可能なスラッガーが原監督の掲げる「のびのび野球」「考える野球」にフィットする可能性は高い。「何より私(の野球)と相性が良いなと。私が勝手にそう思っている。でも、それはあると思いますよ」と指揮官も身をもって感じている。

 来季の構成を考えても補強点に合致する。正三塁手のマギーが退団、阿部の捕手復帰が決定し、原監督の現状の構想通り岡本が三塁へ回ったとしても、一塁と三塁を守れる強打者は必要だ。この後は、条件提示なども含めて交渉を進めていくことになるが、原監督のラブコールはこの上ないアピールになったはずだ。

 ◆巨人が今オフ補強を目指している選手

 ▽丸佳浩(広島)FAで獲得目指す。課題の左の強打者補強、センターライン強化のため。ロッテ、広島との争奪戦になる模様。

 ▽炭谷銀仁朗(西武)FAで獲得目指す。実績、経験豊富な捕手補強のため。宣言残留を認めている西武との争奪戦になりそう。

 ▽岩隈久志(元マリナーズ)日本球界復帰に備えて調査を継続中。WBCなど国際経験豊富なベテラン投手の補強を目指す。古巣の楽天も候補に挙がる。

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック