【巨人】中川、340万円アップ 来季の起用法は流動的「使命感を持って」

2018年12月4日13時53分  スポーツ報知
  • 契約を更改し会見する巨人・中川

 巨人の中川皓太投手(24)が4日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、340万円アップの1900万円でサインした。

 3年目の今季は1軍では全てリリーフで自己最多30登板。プロ初勝利と初セーブ(大量リードの7回から3イニング登板で記録)し、1勝0敗1セーブ、防御率5・02という成績を残した。

 2月のキャンプでは先発候補と期待され、開幕直前までローテ入りを争うも開幕2軍。左のリリーフとして4月中旬に1軍昇格し、5月下旬に登録抹消となったが、7月に再昇格するとシーズン終了まで1軍に帯同した。途中、阿部の助言もあって腕の位置をやや下げてスリークウォーター気味にして球威が増した。

 来季の起用法は先発か中継ぎかチーム事情によって流動的。「任された立場でしっかりやりたいです。(球団からは)若い力が必要と言っていただいた。今年は満足いく結果ではないので、そういう使命感を持ってやっていきたいです」と話した。

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック