【巨人】沢村、19%減の1億2150万円…守護神争いへ決意「勝負したい」

2018年12月4日14時55分  スポーツ報知
  • 契約更改を終えて会見する巨人・沢村拓一。19%減の1億2150万円でサインした

巨人の沢村拓一投手(30)が4日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、19%減(2850万円ダウン)の1億2150万円でサインした。

 昨年は右肩痛で1軍登板なしに終わり、オフの契約更改では自ら減俸を申し出たが、球団側の計らいで現状維持でサイン。今季は2年ぶりに1軍登板し、チーム最多49試合に登板した。

 原監督は来季、沢村のリリーフから先発に再転向という構想を持っていたが、沢村本人のリリーフ、抑えとして勝負したい意向を尊重し、リリーフとして臨むことが決まっている。15年に36セーブ、16年には37セーブで最多セーブのタイトルを獲得した経験がある。

 「1年間戦い抜くのは厳しいものなんだと身をもって感じました。リリーフをやる以上、クローザーというポジションで勝負したいです。オープン戦でもしっかり結果を残さないといけないと思っています。沢村でいこう、と言ってもらえるようなところまでいかなくちゃいけないなと思っています」と守護神争いへの決意を示した。

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック