【巨人】大城と吉川尚が、倉敷の豪雨被災地訪問 小学校で子供たちと交流

2018年12月5日17時15分  スポーツ報知

 巨人の大城卓三捕手(25)と吉川尚輝内野手(23)が5日、社会貢献活動「G hands」の一環として、西日本豪雨で大きな被害を受けた岡山・倉敷市真備町地区にある二万小学校と箭田小学校を訪問した。

 体育館ではキャッチボールなどを行い、子どもたちと交流を深めた。吉川尚は「みんな明るくて元気だった。その元気にビックリしたし、圧倒されました」と笑顔。大城も「自分たちが元気を与えないといけないのに、逆に元気をもらいました」と振り返った。

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック