【巨人】10完投の菅野、先発復帰の山口俊に「頼もしい。一緒に頑張りたい」

2018年12月7日6時0分  スポーツ報知
  • プロ野球選手会総会を終え、記者の質問に答える菅野(左は炭谷)

 巨人の山口俊投手(31)が6日、東京・大手町の球団事務所で契約更改し、現状維持の年俸2億3000万円(推定)で2年契約を結んだ。今季終盤は抑えを務めたが、来季は先発に復帰する。200イニングを目標に掲げ、エース菅野智之投手(29)とフル回転する決意を示した。球団で「200イニングが2人」&「2人で計20完投」は、中日との「10・8」決戦を経て日本一となった1994年の斎藤雅樹&桑田真澄が最後。両投手の背番号「11」と「18」を継承する「2本柱」が先発陣を引っ張る。

 菅野は今季、開幕から山口俊とともにフル回転した。「2人で20完投(が目標)と言っていた」と刺激し合い、202イニングで10完投8完封。山口俊もシーズン終盤に抑えに配置転換されるまで6完投とスタミナを発揮した。

 山口俊の先発復帰を受け、菅野は「頼もしいですし、来年も一緒に頑張りたいです」。背番号「19」から「18」となる来季は、今年に続いて10完投など沢村賞の選考基準7項目全クリアに加え、20勝と目標を掲げている。山口俊との「2枚看板」には期待がかかる。

 この日は、選手会長として小林と大阪市内で日本プロ野球選手会総会に参加。野球人口減少などさまざまな議題を話し合った。17年WBCでともに戦い、西武からFAで加入した炭谷とは隣の席に。今後に向け「(西武は)どういう感じで僕のことミーティングしていたんですか、とかそういうところまで聞きたい」と進化につなげるつもりだ。(片岡 優帆)

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック