【巨人】岩隈「原さんは大将」WBC世界一の絆「思い切って野球ができる」

2018年12月9日6時0分  スポーツ報知
  • いじめ撲滅プロジェクトのイベントに参加した岩隈(カメラ・石田 順平)

 来季から巨人でプレーする前マリナーズ・岩隈久志投手(37)が8日、原監督を「大将」と呼び、相思相愛ぶりを明かした。大阪市内で自身が発起人を務める「いじめ撲滅プロジェクト」のイベントに参加。6日の電撃移籍決定後、初めて公の場に姿を見せ「原監督に直接、言葉を頂いて」と口説き文句にビビッときたことが入団の決め手だと語った。2009年の第2回WBCではともに戦い、世界一を経験。今度は巨人の日本一へ全力を注ぐ。

 情熱的な口説き文句が胸に響いた。岩隈は巨人入り決断の理由として、真っ先に恩人の名前を挙げた。

 「やはり原監督から直接、言葉を頂いて『一緒にジャイアンツが優勝するための戦力として戦ってほしい』と言われました。それが決め手というか、熱い思いを伝えていただきましたので。一番必要とされているところでやりたい気持ちがあった。思い切って野球ができるという気持ちです」

 楽天時代の08年に21勝4敗、防御率1・87で沢村賞などタイトル総なめ。翌09年3月のWBCでは原監督のもと4登板、防御率1・35とMVP級の大活躍だった。特に韓国との決勝戦では先発して100球の球数制限がある中、8回途中97球2失点の快投。世界一に貢献した。原監督は当時も今も特別な存在だという。

 「監督というより大将みたいな方で。見守ってくれている感じがあったので、堂々と僕もWBCで自分のパフォーマンスを発揮することができた。原監督はチームをまとめる力というか、全体を包み込むように見守る監督という印象です」

 まさに相思相愛だ。原監督は入団が発表された6日に「非常に強い味方が加わった。スターター一本で戦ってもらいたい。いろんな意味で岩隈とは信頼関係があると自負しています」とコメントしていた。米マリナーズでノーヒットノーランを達成するなど日米通算170勝。経験豊富な大ベテランは巨人入団が大きなチャレンジだと強調した。

 「名門であるジャイアンツという球団でプレーする覚悟というか強い気持ちでいます。やっぱり伝統あるチーム。これは野球選手誰もが絶対に思うものだと思う。本当に名門だなと」

 原監督からは、先発起用の方針を直接、伝えられたという。昨秋に右肩を手術し、今季はマイナー登板のみだったが、現在の状態は良好。キャッチボールを継続して準備を進めている。

 「非常にワクワクしている。挑戦者になれるという気持ちでいる。今はずっとトレーニングを続けてボールも投げていますし感触は良い。4月の開幕に投げられるようにやっている。全力でプレーして結果もしっかり出していけるように頑張りたい」

 世界一に輝いた「大将・原監督」を今度は日本一になって胴上げしたい。岩隈の新たな挑戦が始まる。(片岡 優帆)

 〇…岩隈はこの日、いじめ撲滅プロジェクト「BE A HEROプロジェクト」啓発「PLAY BALLイベント」に参加。教師ら参加者と専門家の講義を聞き、いじめをなくすために大人に何ができるかを議論した。「僕らは子どもたちの憧れの野球選手でありたい。プレーだけでなく、野球選手としてできること、いじめをなくすとか、そのためにいいモデルになろうと。憧れの存在、ヒーローになるということでやらせてもらってる。このプロジェクトをいろいろな人に知ってもらい、広まってくれたら」と活動の発展を願った。

 ◆第2回WBC 不振のイチローが決勝の韓国戦で延長10回に2点打を放ち、侍ジャパンが連覇。3勝の松坂が2大会連続MVPに輝いた。準決勝からダルビッシュに抑えを託した原監督は「お前さんたちは素晴らしい。強い侍になった」とナインを称賛した。岩隈は第2ラウンド突破をかけたキューバ戦、決勝の韓国戦と大一番で好投し、計20回を投げて防御率1・35。松坂とともに大会オールスターに選ばれ、“陰のMVP”と絶賛された。

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック