【巨人】原監督、Vへ「戦う」 安倍首相が王さんがカネヤンが殿堂入り祝福

2018年12月11日6時0分  スポーツ報知
  • 壇上で力強くあいさつする原監督(カメラ・橋口 真)
  • 鏡開きをする(左から)キヤノン・御手洗会長、原監督、斉藤コミッショナー、ソフトバンク・王会長

 今年1月にエキスパート表彰で野球殿堂入りを果たした巨人・原辰徳監督(60)の「野球殿堂入りを祝う会」が10日、都内のホテルで行われた。

 安倍首相ら政財界の著名人など約560人が出席する中で「周りの方の支え、影響、協力が現在の自分を作り上げている」と感激の面持ちで語った。5年ぶりのV奪回を託されるなか、王貞治氏、金田正一氏らレジェンドOBから、手腕に太鼓判を押され、優勝での恩返しを目指して、勝負の世界に身を投じる覚悟を示した。

 笑顔が、いつにも増して晴れやかだった。タキシードに身を包んだ原監督は、身が引き締まる思いでスポットライトを浴びた。

 「現役の時からコーチ、監督、現在まで含めて、まさに周りの方の支え、影響、協力が現在の自分を作り上げていると思います。感謝する次第です」

 山あり谷ありの野球人生だった。巨人の4番として歴代4位の1066試合に出場するなど、選手で15年、監督、コーチとして15年。巨人のユニホームと歩んできた30年間、全てを糧にしてきた。

 「大した野球選手ではなかった。むしろ苦しいことの方が多かった。プロに入った時に父から『毒を盛られても栄養にするんだ』と言われ、そう思ってユニホームを着させてもらいました」

 4年ぶりに指揮を執る。待ち受けるのは、巨人史上ワーストタイの4年連続V逸という危機的状況だ。これまで監督として球団3位の947勝を挙げ、12年間で7度のリーグ優勝、3度の日本一。09年に第2回WBCで侍ジャパンを世界一にも導いた名将とて、その道は険しい。だが、その手腕に、登壇した投打のレジェンドが太鼓判を押した。

 王貞治氏「決断ができる監督。人に、選手たちに何か言われるかもしれない。でも、悪者になることをいとわず、思い切って信念に基づいて指揮を執ってきた。それだけは変えないで自分の思う通りにやってほしい」

 金田正一氏「これだけ成功している人に、どうしたこうしたは余分なこと。(巨人は)勝って当たり前。負けて叩かれてもいい。とことんやるのよ。誰も邪魔する人はいない」

 期待するのはユニホーム組だけではない。再建を託した山口オーナーが、就任要請時の内幕を明かした。

 山口オーナー「原監督には『まさか頼まれるとは思わなかった』とか『ゴルフはやめなきゃいけなくなるなぁ』など、最初は言われました。ただ数十分間の会話の中で決心をしてくれて、その瞬間から表情も、雰囲気も一変して力強い言動になった」

 原監督が勝負師のスイッチを入れた瞬間だった。

 「多少、私の中でも考えるところはあったけど、私の帰るところは読売巨人軍だと。決断する上において何も妨げるものはありませんでした」

 勝負の世界に戻って来たからには、巨人軍の全てを背負って戦い抜く。恩返しは優勝しかないことは分かっている。「ジャイアンツのOBの人たちの代表という中で戦っていこうと思っています」。球史に新たなページを刻む決意を示した。(西村 茂展)

 【原監督のあいさつ要旨】

 ▽信じることが大事 「(巨人に指名された1980年のドラフト)当時、私は信じることに不変でした。『藤田監督以外がくじを引いたら、その球団で野球をやるのかな』と思ったのが3秒(だけ)。藤田監督の右手が上がった時には『やっぱりな!』と。

 ▽思考は明るいところで 「(父・貢氏から)『布団に入って考え事はするな。枕に頭をつけたら寝るんだ』と言われました。布団に入っていると、プラスのことはまず考えない。椅子に座って電気をつけて考えていると、明日への活力になりました」

 ▽出席した読売新聞グループ本社・渡辺主筆へ 「(これまで)いろんなお話を聞きました。その中で野球の話はほんの10分くらいだと思います。あとは主筆の経験談であったり、社会情勢であったり、政治であったり。そういう話を聞くと僕は楽しくて、ちっぽけな僕が悩んでいることもたいしたことないと思って、勇気を持ってジャイアンツの指揮を執ろうと思ったものです」

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック