【巨人】長野が丸の人的補償で広島に移籍「3連覇のカープに選んでいただき選手冥利に尽きます」

2019年1月7日15時1分  スポーツ報知
  • 人的補償で広島に移籍する巨人・長野久義
  • ファンの声援に応える長野

 巨人は7日、FAで獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、広島へ長野久義外野手(34)が移籍すると発表した。炭谷の人的補償で西武へ移籍した内海に続き、生え抜きのスターが再びチームを去ることになった。

 長野は06年の日本ハム、08年のロッテと2度のドラフト指名拒否を経て、09年にドラフト1位で念願の巨人入りを果たした。10年に新人王に輝き、11年は首位打者。12年には坂本勇との「サカチョー」コンビで安打を量産し、2人そろって最多安打のタイトルを獲得するなど、チームの日本一に貢献した。

 14年オフに右肘・右膝をダブル手術。当初、翌年の開幕は絶望視されていたが、驚異的な回復で間に合わせた。15年オフには、第19代選手会長に就任。助っ人外国人選手の世話役を毎年買って出たほか、キャンプ中のファンサービス改革呼びかけや、オフには地震の被災地である熊本を個人的に慰問するなど、積極的に動いていた。

 だが、近年は思うような数字を残すことができず、9年目の昨季は打率2割9分をマークするも、キャリア最少の出場116試合に終わっていた。

 長野久義外野手「3連覇している強い広島カープに選んでいただけたことは選手冥利に尽きます。自分のことを必要としていただけることは光栄なことで、少しでもチームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。巨人では最高のチームメイトに恵まれ、球団スタッフ、フロントのみなさんの支えのおかげでここまで頑張ることができました。また、9年間応援してくださったジャイアンツファンの皆様のおかげで苦しいことも乗り越えることが出来ました。ありがとうございました。ジャイアンツと対戦することを楽しみにしています」

 石井球団社長兼編成本部長「チームの変革の時期とは言え、内海選手に続き、チームの顔として活躍してくれた長野選手を送り出すのは、断腸の思いです。長年の功績に感謝するとともに、今後の活躍を期待しています」

 ◆長野 久義(ちょうの・ひさよし)1984年12月6日、佐賀県生まれ。34歳。福岡・筑陽学園高から日大に進学。06年の大学・社会人ドラフトで日本ハムの4巡目指名を拒否し社会人のホンダ入り。08年ドラフトはロッテの2位指名を拒否。09年ドラフト1位で巨人入り。10年に新人王、11年に首位打者、12年に最多安打のタイトルを獲得。13年の第3回WBC日本代表。1軍通算1209試合で打率2割8分6厘、137本塁打、500打点。180センチ、85キロ。右投右打。2億2000万円(推定)

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック