【ALL巨人】吉川大幾「筋肉をつけずに動作速く、夜ラーメンは我慢」

2019年2月12日12時0分  スポーツ報知
  • 初回に田口から左前安打を放つ吉川大幾

 ◆紅白戦 2軍 5-5 1軍=7回特別ルール=(3日、サンマリン宮崎)

 今週の「ALL巨人」は、3日に行われた「1軍スタートの若手VSファームの若手」の紅白戦でファーム組で輝きを放った3選手に迫った。“今季チーム1号”を放つなど3打数1安打3打点の石川、2打数2安打2四球で全打席出塁をマークした吉川大、4打数2安打1盗塁の立岡の2軍3人に、3日の試合に懸けてきた思いやオフの取り組みなどを聞いた。(取材・構成=小林 圭太)

 ―初回に田口から左前安打。打者一巡の猛攻を繰り広げた4回には2打席連続四球で出塁。7回には桜井から左前安打を放ち、全4打席で出塁。絶好のアピールとなったが。

 「自分が一番課題としていたバッティングでもアピールできたのはよかった。ボールの見え方がすごくいい。バッティング練習とかもすごくいい感じできていて、実戦で打てて結果残せたのは収穫です」

 ―今オフに力を入れていたことや意識していたことは。

 「決して打撃に重点を置いてきたわけではなかったです。自分の武器は足とやっぱり守備だと思っているので足が速くなるように、トレーニングしたり食生活だったりを見直した。自分はモリモリ筋肉をつけて、というタイプではない。オフのトレーニングも筋肉をつけるんじゃなくて、動作を速くというトレーニングに重点を置いた」

 ―食生活を見直したというのは具体的にどういうことか。

 「質のないというか無駄な脂肪はつけないように心掛けている。例えば、夜にラーメンが食べたいなと思っても我慢するとか、朝をしっかり食べて、夜米を少なくするとか。そういうところをオフは特に気を付けていた」

 ―昨季は主に、代走や守備固めでの出場が多かったが自己最多の97試合に出場。持ち味である堅い守備と俊足で無失策。1軍に定着するために、この紅白戦には燃えていたが。

 「チームを盛り上げて、もっとガツガツやりたいタイプ。自分が声を出して、元気を出してやって、みんながついてくるような感じになったらいいと思っていた」

 ―残りのキャンプで意識したいことは。

 「バッティングは継続してやっていきたい。後はとりあえずけがしないこと。今いい状態できていて、けがをしたらもったいない。そこは本当に気を付けてやっていきたい」

 ◆吉川 大幾(よしかわ・だいき)1992年8月21日、大阪府生まれ。26歳。PL学園高では2年時の2009年に春夏甲子園出場。10年ドラフト2位で中日に入団。立浪和義2世として期待され背番号「3」を背負うも14年オフに戦力外となり、15年から巨人へ。176センチ、75キロ。右投右打。年俸1800万円。

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック