【ALL巨人】今季チーム1号放った石川慎吾、肉体改造で5キロ増

2019年2月12日12時0分  スポーツ報知
  • 「4番・左翼」でスタメン出場し“今季チーム1号”を放った

 ◆紅白戦 2軍 5-5 1軍=7回特別ルール=(3日、サンマリン宮崎)

 今週の「ALL巨人」は、3日に行われた「1軍スタートの若手VSファームの若手」の紅白戦でファーム組で輝きを放った3選手に迫った。“今季チーム1号”を放つなど3打数1安打3打点の石川、2打数2安打2四球で全打席出塁をマークした吉川大、4打数2安打1盗塁の立岡の2軍3人に、3日の試合に懸けてきた思いやオフの取り組みなどを聞いた。(取材・構成=小林 圭太)

 ―「4番・左翼」でスタメン出場し“今季チーム1号”を放った。雄たけびを上げながらベースを回っていましたが。

 「感触はそんなになかったんですが、ホームランが出てよかったです。そりゃあ出ないより出た方がよいですからね(笑い)」

 ―何を意識して打席に入ったのか。

 「1点負けててのノーアウト二、三塁で内野手が後ろに下がっていた。最低でもバットに当てる、三振だけは絶対にダメだと思っていた。内野ゴロでも1点追いつける場面だったので、とにかく最低限それだけを考えて打席に立った」

 ―結果的には逆転3ランになったが。

 「あわよくば外野フライで1点取ってランナー三塁に進められれば最高くらいの気持ちでいた。完全にその割り切りができていての結果だったのでよかったと思う」

 ―今オフはウェートトレなどで肉体改造に励み、約5キロ分の筋肉量を増加。練習で意識してきたことは。

 「体を休めずに動かすっていうのをテーマにやっていた。あまり打球とか気にせずに、打撃の形を意識した。形がよければ打球もいいところへいく」

 ―17年に日本ハムから巨人に移籍。移籍1年目は99試合に出場し5本塁打を放ったが、昨季は出場わずか17試合で0本塁打に終わった。丸も加入し、外野手争いはさらにし烈。3日の“下克上マッチ”は絶好のアピールのチャンスだったが。

 「もう2月3日というより、2月1日からバリバリ動けていた。やるからには勝負事ですから1軍チームに負けたくないという気持ちはめちゃくちゃありましたよ」

 ◆石川 慎吾(いしかわ・しんご)1993年4月27日、大阪府生まれ。25歳。東大阪大柏原高では3年夏に甲子園出場。11年ドラフト3位で日本ハムに入団。16年11月、吉川光とともに大田、公文との2対2のトレードで巨人に移籍した。パワフルな打撃からついた愛称は「ダイナマイト・シンゴ」。178センチ、80キロ。右投右打。年俸2100万円。

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック