【巨人】宮本投手総合コーチ、苦戦した田口に「投げるチャンスがあればリベンジしてもらいたい」

2019年3月17日22時44分  スポーツ報知
  • 7回、2本の2ランを浴びて途中降板した巨人・田口

  ◆プレシーズンゲーム 巨人4―6マリナーズ(17日・東京ドーム)

 巨人の宮本和知投手総合コーチ(55)が17日、苦戦した田口に対し「明日(18日)はブルペンデーですけど、彼は(ブルペンの)サブ、フォローに入れておこうと思う。どこか投げるチャンスがあれば、またリベンジしてもらいたい」と、18日のマリナーズ戦(東京ドーム)の登板を示唆した。

 田口はこの日、2点リードの6回から2番手で登板。2死一塁でイチローを遊ゴロに打ち取ったが、7回無死一塁から2番のハニガーに同点2ラン、その後1死二塁から5番・ブルースに勝ち越しの2ランを許し、1回1/3を4安打4失点と苦しんだ。

 18日は中継ぎ陣が1、2回の登板で小刻みに継投する「ブルペンデー」。桜井、坂本工や吉川光を軸とし、1番手は大江が担う予定だ。

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック