•  スポーツ報知のWebサイト限定コラムがスタートしました。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

ファインダーから「違和感を感じる力」で見た巨人・内海の昨季との投球フォームの違い

内海の投球フォーム。左が今年7月、右が昨年4月。今年のフォームは下半身と上半身がしっかりと連動しているため、リリースポイントが前になっている

10月2日 17:15

 カメラマンにとって重要なのは、違和感を感じる力だと思う。撮影していて何かが心に引っかかったとき、今までと何かが違うと感じたとき、それについて深く考え、写真を見直すことが大事だ。そうすることで、被写体へのアプローチが変わってくる。そして、一見何気ない写真が意味を持つこともある。  続きを読む…

コラム
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ